TaKotarou’s blog

語ります。

サマソニ2016 第一弾アーティスト発表!

さて前回あたりに予想しましたが、予想は当たったのでしょうか…

 

takotarou.hatenadiary.com

 

f:id:TaharaMitaniKotarou:20160123022440p:plain

 

 

ヘッドライナーはレディオヘッド!!

 

f:id:TaharaMitaniKotarou:20160125120240p:plain

 

レディオヘッド

アンダーワールド/サカナクション/ ファーギー

ウィーザー/ツードアシネマクラブ/The 1975

ブロッサムズ/チャーリー・プース/エル・キング/ラットボーイ

 

が第一弾アーティストですね!!

 

 予想は今のところハズレ。

コープレ、レッチリ、ガンズ、アヴィーチー、ケンドリック・ラマー、アデルの予想でしたが、この時点でもうガンズはないでしょう。 逆にアヴィーチーはまだありそうですが。 アデルもないかなー…

 

まだもう一組ありそうな発表の仕方なのでまだ期待できます!

 

第一弾の感想

レディオヘッドのヘッドライナーはありそうだとは思っていたが、私的にはあまりですし、去年も来ていたので…みたいな感じで。 トム・ヨークは聞き流すぐらいがちょうどいいんです。

 

ただ第一弾にしては弱くね?

 

今年は大丈夫なのか? 結局去年みたいな豪華になれば良いのだが。

 

ソニマニは豪華になりそうな予感がします。 アンダーワールドサマソニですからね。

 

さらにウィーザーの扱いがファーギーサカナクションよりも下というのは時代なんですかね…

 

何気に一番下の列が一番楽しみであったりもします。 今の段階ではね! ブロッサムズにチャーリー・プースにエル・キングですからね!

 

takotarou.hatenadiary.com

 

第二弾に期待です。 早くもう一組ブッキングしてね!

公式サイトより

SUMMER SONIC 2016 第1弾アーティスト発表!

いよいよ今年のサマソニも本格始動! 誰もが待ち望んでいたアーティスト・・・レディオヘッドが伝説の2003年以来、実に13年ぶりにサマソニに帰ってきます!新作のリリースも控える今年絶好のタイミングでの来日となります。どんなステージになるのか今から期待値はMaxです。

そして、こちらも新作を3月に控えるエレクトロニック・ミュージックの先駆者であり絶対的な存在のアンダーワールドが初出演。

日本からはジャンルを超えて常に最先端のクリエイティビティを表現し続けるサカナクションブラック・アイド・ピーズの紅一点ファーギー、米を代表するオルタナティヴ・ロック・バンド、ウィーザー、音楽的センスとライヴの評価の高さで英ギターロック界を牽引する存在となったトゥー・ドア・シネマ・クラブ、サマソニに異例の2年連続出演、世界的ブレイクを果たしたTHE1975という最高に豪華な布陣。

サマソニならではの注目の新人も続々。BBC sound of 2016にも選出された英サイケデリック・ロック・バンド、ブロッサムズ、昨年シングル「シー・ユー・アゲイン」で大ブレイクを果たしたチャーリー・プース、LA出身実力派女性SSWエル・キング、英国訛りのラップとミクスチャーサウンドが病み付きになりそうなラット・ボーイが決定しました!

いきなり完売しそうな勢いの第1弾発表ですが、チケットは明日26日から2日券のみのクリエイティブマン会員最速先行を実施、恒例のポール・スミス特製Tシャツ付事務局先行は2/1からの受付です!今後の発表もお楽しみに!

 

 2003年の奇跡に立ち会った人は今でも鮮明に覚えているでしょう。長い間封印をしてきた「Creep」を彼らが演奏をした瞬間に、マリンスタジアムは地鳴りのような歓声で覆われ、全身に鳥肌がたったあの時の感動を。決して大げさではなく皆が泣きながら、または笑顔を見せながら大合唱をしているその光景は、過去16年のサマーソニック史上で最も美しいシーンでした。その場に遭遇出来なかった国内外のファンも後日その映像を見て、ここにいたら生涯のベストライブに出会えたのにと今でも賞賛が語り継がれているのです。あれから13年、遂にRADIOHEADサマーソニックのヘッドライナーとして東京と大阪に帰ってきます。現在彼らが出演を決めているフェスは世界でも数本だけ。伝説は塗り替えられるのか、とにかくこの夏は凄いことになりそうです。 そしてフジロックで2度もメインステージのヘッドライナーを飾ったUNDERWORLDは、新作を携えての初出演になります。真夏の夜にあの心地よいテクノビーツに酔いしれながら踊り狂えるのでしょうか。エレクトロミュージックのみならず、アートにも影響を与えて来た先駆者が今のEDM中心のダンスシーンにぶちかまします。現時点で日本からの唯一の発表は昨年のヨーロッパツアーが絶賛で迎えられ、常に変化と進化を止めないサカナクション。日本のロックシーンのみならず世界に向かうであろうこのクリエイティブなバンドは、RADIOHEADUNDERWORLDと並べられる宝であり相性もバッチリでしょう。今からワクワクして来ます。 サマーソニックには必要なポップがないと思っている人も安心して下さい、FERGIEが入っていますよ。ソロ作もリリースが控え、BEPの活動再開も噂される中での嬉しい初出演は、07年に花火と共にサマソニを締めたBEPの「Let's Get It Started」の感動が蘇ります。これは新人のCHARLIE PUTHとELLE KINGと共に今後のポップアクトの追加も期待出来る流れがまだまだありそうです。サマソニにおなじみのTDCMやTHE 1975がどのステージにラインナップされるのか、久しぶりのWEEZERとしての出演も嬉しいリヴァースの発言にも期待です。

今回発表の11アクトでも世界が羨むラインナップが揃った2016年のサマーソニック。 この後も皆さんの期待を上回る追加をどんどん狙っていきます。一緒に今までで一番最高の夏を作りましょう。

クリエイティブマン 清水直樹

www.summersonic.com

今回発表の11アクトでも世界が羨むラインナップが揃った2016年のサマーソニック

 

今回発表の11アクトでも世界が羨むラインナップが揃った2016年のサマーソニック

 

今回発表の11アクトでも世界が羨むラインナップが揃った2016年のサマーソニック

 

今回発表の11アクトでも世界が羨むラインナップが揃った2016年のサマーソニック

 

清水さんそりゃ無いよぉ~。

 

それでは