TaKotarou’s blog

語ります。

TIDALはお金を払わない?さらにもう売却か?

プリンスやリアーナビヨンセ。そしてカニエ・ウェストなどの件で今や悪名高きストリーミングサイトとなっているTIDALですが、何やらきな臭いことになっているようです。

 

TIDALはちょうど去年の今頃、実業家風のラッパーのジェイZに466ミリオンスウェーデンクローナ、USドルで56ミリオンドル、日本円で大体60億円で買収しました。

 

  • ビヨンセ
  • マドンナ
  • リアーナ
  • アリシア・キーズ
  • ニッキー・ミナージュ
  • カニエ・ウエスト
  • Arcade Fire
  • Daft Punk
  • J.コール
  • クリス・マーティン(Cold Play
  • カルビン・ハリス
  • アッシャー
  • ジェイソン・アルディーン
  • ジャック・ホワイト
  • deadmau5
  • ドレイク

と言った豪華なジェイZの仲間たちが株主になって、アーティスト主導のストリーミングサイトを立ち上げました。

 

www.youtube.com

 そんな先見の明が無い実業家風と仲間達でしたが、1年も経たずにやはりきな臭い話題が流れてきます。

早くも売却?

www.complex.com

サムスンがタイダルを買収か、ニューヨーク・ポストが報道 | Musicman-NET

実業家風のらくださんが懇意にしている、3つの星のサムスンに身売りをするという話が出てきました。

 

9月には100万人を超えたという加入者数は、カニエのTLOPという卑怯なドーピングで250万人を超えたとも言われています。

ちなみにスポティファイの有料会員は2000万人。 TLOPの違法ダウンロードは50万以上。

 

そんなAKBもしないような独占的事業を行っていますが、なんとTIDALの市場価格は100万ドルを超えたというのです。 さすが実業家。

 

そして、TIDALはサムスンに身売りをするよと言う報道が出ました。

 

サムスンもストリーミングを持っており、それを強化したいのだろう。Win-Winの関係ですね。

 

さらにはライバル会社のスポティファイやグーグルも興味を持っているのだそう。

 

あれ?魅力の金払いは?

 ミスターカーターさまはツイッターでこんなことを呟きます。

 

キャメル「全員に75%のロイヤリティ払うよ」

 

そんなことに騙される奴はいないと思いますが、騙されたバンド、the American Dollarが訴訟を起こしたようです。

 

彼らの主張はお金を支払われていないのに116もの曲をストリーミングしているというものです。

 

そして削除してよと言ってもしてくれないとも言っております。

 

そしたら、TIDAL側はこう言いました。

 

「金は払ったし、お前らの音楽は削除してやる。」

 

素晴らしい企業です。 訴状が届いてないのでコメントできないという日本とは大きな違いですね!

 

そんな感じのきな臭い企業TIDALですが、この先どうなるのでしょうか。

 

バブル期のヤクザみたいな事業でも未だに成功できるを体現しているジェイZさん、そしてTIDALのこれからも目が離せませんね!!

 

www.complex.com

 

終わりに。

結局、きな臭い企業がきな臭い企業に売り払おうが私達ファンにはほとんどどうでもいい状態です。

 

ですが、このTLOPみたいな独占的な発売形態は本当によろしくないと思われます。

 

自分たちの首を締めているということに早く気がついていただきたいですね。

 

飽きられてから売っても意味が無いですしね。

 

ですが、私らよりも何千倍も儲けてはる方たちなので考え方としては成功なんでしょうか?

この後の動向で決まりそうですね。

 

ただ、TIDALは必ず失敗します。

 

 

それでは