TaKotarou’s blog

語ります。

気になるGreat Good Fine Okについて。

気になるGreat Good Fine Okについて。

略してGGFO。ブルックリンのデュオ。

ボーカルのJon SandlerとキーボードのLuke Moellman。

そんなGGFOのホームページの自己紹介文とそれに付随した記事をお届け。

BGMを聴きながらどうぞ。

 

Is it possible to be nostalgic for the future?
将来のノスタルジックに名を残せるか。
Brooklyn synthpop duo Great Good Fine OK met one evening in 2013 and by the next morning had written their first song together,
ブルックリンのシンセポップデュオ”グレートグッドファインオーケー”は2013年のある夜に出会い、その次の朝までに曲を作ったのであった。
“You’re the One for Me,” a gauzy, heart-thumping anthem that hit #1 on Hype Machine twice in one month
“You’re the One for Me,” は透き通るような音楽、Hype Machineで一位を取った。
and instantly established the group’s sound with Jon Sandler’s dancefloor falsetto soaring over Luke Moellman’s lush post-Space Age production,
ジョンサンドラーのダンスフロアファルセット、ルークモエルマンのポストスペースエイジプロダクションが結合した証。
the perfect soundtrack for retrofuturism.
レトロフューチャリズムに完璧に合う音楽。

An EP, Body Diamond, soon followed,
デビュー・EPの”Body Diamond”はすぐにリリース。
as did a slate of shows at that year’s SXSW festival and a deal with Neon Gold and Epic Records.
その年のSXSWフェスティバルに出演後、そのままネオンゴールドとエピック・レコードの取り合いが始まる。
In 2014 GGFO’s second EP, 2M2H, reached #10 on the iTunes dance chart
”GGFO”の次のEP”2M2H”はiTunesのダンスチャートで10位獲得。
and featured the St. Lucia collaboration “Something to Believe In,” which premiered on Entertainment Weekly.
St.ルシアとのコラボ“Something to Believe In,” はエンターテイメントウィークリーで特集を組まれる。
In keeping with this collaborative spirit, GGFO co-wrote and performed on The Chainsmoker’s single “Let You Go,”
次のコラボはチェインスモーカーズ。共に曲を書き、“Let You Go,”をリリース。
recorded a cover of Phil Collins’s “Easy Lover” with fellow Brooklynite Panama Wedding,
パナマウェディングのフィル・コリンズの”Easy Lover"をカバーを手伝う。
and produced the song “Shapeshifting” with Irish folk-pop singer Orla Gartland, whom Jon and Luke met after their headlining show at Notting Hill Arts Club in London.
次にロンドンのノッティングヒルアーツクラブでショーを行い、アイルランドのフォーク歌手、オーラガートランドと “Shapeshifting”を制作。
They have also remixed songs by St Lucia, Foxes, Twenty One Pilots, Luxley, Little Daylight, and many others.
またSt.ルシア、フォクシーズ、21パイロッツ、などのリミックスを行う。

In the past three years, GGFO have performed shows supporting acts ranging from Tove Lo to X Ambassadors to Penguin Prison and have embarked on four major US tours with Betty Who, Joywave, Magic Man, Vacationer, and Panama Wedding,
そして三年の間には、Xアンバサダース、トーブロー、ペンギンプリズンのサポートアクトを努め、ベッティフー、ジョイウェイブ、マジック・マン、パナマウェディングのツアーに帯同。
with four songs reaching #1 on Hype Machine and their single “Take It or Leave It” surpassing ten million plays on Spotify.
Hype Machineでは4つの1位、スポティファイでは“Take It or Leave It” がテンミリオン再生。
As anyone who attended the group’s recent sold-out Northeast headlining tour can attest,
そしてグループは単独ライブを完売させるほどに成長。
GGFO has amassed a large contingent of loyal fans who have come to expect over-the-top live performances involving silk kimonos, triggered lights, and histrionic keytar solos,
GGFOのパフォーマンスに期待するファンも多数獲得。
with Jon and Luke backed by drummer Danny Wolf and guitarist Carey Clayton.
バンドメンバーは、ジョンにルーク、ドラマーのダニーウルフ、ギタリストのキャリークレイトンがいる。
2016 has already seen the release of three singles and an EP of GGFO songs remixed by like-minded artists, with more new works ever looming on the horizon.
2016年には3つのシングルにEP、そして多数のリミックス。
Music blog Indie Shuffle says,
インディーシャッフルと言うブログが言うには
“I dare you to find another group in the past two years who has been so prolific and consistent with their releases while at the same time delivering some of the most heavenly signature falsetto vocals known to man."
「過去二年間の彼らのリリースを聞くと、非常に多彩で一貫性の有るグループ。 そして天国いるように錯覚させるファルセットのヴォーカルがいる。」

 

 

そのインディーシャッフルの記事。
I feel like I can't but help fall in love with everything Great Good Fine Ok produces.
GGFOが作るこの曲は恋に落ちるのは防げないことがわかる。
The Brooklyn duo's latest release "Always" is another brilliant piece of soaring electro/synth pop and I for one hope they never stray from this path.
エレクトロシンセポップとエレクトロニックポップの絶妙な一枚。
I dare you to find another group in the past two years who has been so prolific and consistent with their releases while at the same time delivering some of the most heavenly signature falsetto vocals known to man.
「過去二年間の彼らのリリースを聞くと、非常に多彩で一貫性の有るグループ。 そして天国いるように錯覚させるファルセットのヴォーカルがいる。」
Definitely another one to add to the dance playlist.
枚が居なくダンスプレイリストに入れるよ。

www.indieshuffle.com

 

そんな私のお気に入りは”2M2H”の”Too Much To Handle”。

www.youtube.com

なんとなく壮大なイントロからズドンと惹かれる。

そしてどの曲もキレイ。たまらない。

 

ぜひライブを観たい一組のお話でした。

それでは