TaKotarou’s blog

語ります。

ちょっと期待のシンガー、エラ・マイ。

f:id:TaharaMitaniKotarou:20170122164536p:plain

ロンドン出身の美人シンガー。 まるでリアーナを彷彿とさせるオーラ。FACTの期待のシンガーにも選出。

 

そんな彼女に迫ったCLASHの記事を和訳。

www.clashmusic.com

 

“One day I legit had an epiphany,”
「ある日、私は閃いたの。」
says 21-year-old South West Londoner Ella Mai, from her L.A. home.
そういうのはサウスウェストロンドン出身の21歳のエラ・マイ。LAの自宅で語ってくれた。
“I was in school for music.
「音楽のための学校に通ってた。
My friends knew I could sing.
私の友達は私に才能があると知っていた。
My family knew I could sing.
家族だってそう知っていた。
But I was sitting there thinking about how I could get the world to know I could sing.”
でも、私にはどう歌えば世界に羽ばたけるかが分からなかったの。」
Scrolling through her Instagram feed she’d discover the addition of video to the platform, and decided to shoot a fifteen second cover of Fetty Wap’s ‘679’.
彼女のインスタグラムのフィードをスクロールすると、15秒の短いフェッティワップの”679”のカバーがあった。
“I'm very big on originality, so I made sure I switched it up and made it my own.
「私の大きな独創性がそれを作らせた、これが私自身だと言い張れるものを。
I just sat there in my room and I recorded it.”
だからこれを録画してアップしたの。」


The clip would go viral after being picked up by Instagram-based gossip blog The Shade Room and broadcast to its 7 million followers.
これがインスタのまとめサイトに乗り、7ミリオンもの人間に出回る。
After continuing the momentum with weekly uploads her 500 followers rocketed up to 200,000 and when her cover of 2Pac’s ‘Keep Ya Head Up’ started to take off on the West Coast,
500人のフォロワーが一気に20万人に。
it caught the attention of DJ Mustard - the producer who’s crafted hits for everyone from YG to Rihanna.
そして2Pacの‘Keep Ya Head Up’のカバーでDJマスタードの目にかかる。あのYGやリアーナをプロデュースする敏腕DJだ。


They’d eventually meet for a studio session while Ella was in New York and Mustard was playing Made In America festival in Philadelphia.
マスタードは彼女を一目見ようとフィラデルフィアからニューヨークに来た。
“I felt like I wasn’t on earth,” she recalls of the realisation that the West Coast super-producer was making the two hour drive to see her.
「気が気でない。」と表すように、西海岸のスーパースターとのレコーディングを思い出す。
“I was trying to keep it as secretive as possible because I didn’t know what would happen.
「何が起きるかわからなかったから、秘密にしてたのよ。
I honestly didn’t know how to feel.”
どうして良いかわからなかったし。」
They hit it off and Ella became the first signee of his 10 Summers imprint.
そして10 Summersの最初のアーティストとなった。
“He didn't have to do that,”
「別に私じゃなくても良かったのよ。」
she says.
という。
“But clearly he saw something in me.”
「でも私を見出したの。」

Together the pair have tapped into their shared love of 90’s R&B, with Ella applying her versatile vocals to uncharacteristically down-tempo bass-heavy productions from Mustard across a pair of EPs, ‘Time’ and ‘Change’.
一緒になったマスタードとエラ・マイ、90年代のR&Bを彷彿とさせるサウンドを作る。 ダウンテンポのベースに多彩なボーカルがマッチする。それが最初のEP”Time”と次の”Change”
“From the production to the vocals, ‘Time’, was bouncy and a bit more experimental,” she says of the EP, released in February complete with a feature from Ty Dolla $ign.
「”Time”は少し実験的だった。」と語るEPは2月に発売された。 タイダラーサインも参加している。
“Whereas ‘Change’ is very smooth and laid back.
「”Change”はとてもスムースで、落ち着いた作りになってるの。
I think that’s what takes it back to the 90’s, that was less experimental but hits a bit harder emotionally.”
90年代に戻った気分になるでしょ?」
The latter, released in November, centres around her latest single ’10,000’, which is a favourite of Mustard’s and also appeared on his latest album ‘Cold Summer’.
111月にリリースされたこちらは、”10,000”を中心にされている。 マスタードのお気に入りはマスタードのアルバムにも収録されている。

The track was inspired by Malcolm Gladwell’s ‘Outliers’, which describes a theory in which it takes 10,000 hours practice to become an expert.
このトラックはMalcolm Gladwellの”Outliers”からインスパイアされた。 何にでも1万時間の練習が必要ということ。
”I thought it would be dope the apply that to love, because that takes practice too,”
「愛についてのことは練習しなくては。」
she explains.
と説明する。
“You go through trials, ups and downs - I don’t know if anyone ever really does 10,000 hours practice in love,
「浮き沈みを経験すれば、練習がなければ
but if you’re not trying then you’ll never [achieve it].”
何も成し遂げれないものなんです。」
Having pursued football from the age of 12, there came a point in her late teens when Ella found herself faced with the decision of what to devote her own practice hours to.
12歳の頃はサッカーをしていたという。 そこで自分の意志を決める初めての場面だったという。 そして10代後半に重要なポイントが。
“My mum named me after Ella Fitzgerald,”
「ママが名付けてくれた。」
she says.
と。
“Music has been the only thing since I was young that's [been a constant],
「音楽は私にとって、最も大事なもの。
and it's something that I can't deny.”
私が否定出来ないものを突き詰めようと思ったの。
She made the decision to focus on her burgeoning singing career, and never looked back.
そして彼女は音楽に捧げる人生を選んだのだ。


Right now she’s counting down to her return to London over Christmas.
今彼女はクリスマスに故郷のロンドンに帰る準備をしている。
After five months living in Los Angeles she’ll return to see family and play a sold out debut headline show.
LAに住んで5ヶ月。家族は完売のショーを見に来るであろう。
“I'm not excited for the weather, because I've been spoiled.
「甘やかされてきたって、一喜一憂しないわ。
I can't lie, I've been spoiled with the sun in LA.
嘘はつけないの、LAの太陽に育てられたから。
So I'm not prepared for that, but I'm extremely excited to not only for the holidays but to play my first ever headline show,”
まだ準備万端ではないけれども、ヘッドラインショーが楽しみで仕方ないの。」
she enthuses.
興奮している様子で語る。
“It's the start of something new for me, and to do it at home is just that much more special.”
「まだスタートラインに立ったばかり。これからはもっと特別なものになるはずよ。」

 

SoundCloud YouTube VEVO Instagram Twitter 

www.youtube.com

 

Change [Explicit]

Change [Explicit]

 

 

去年の女性R&Bシーンがケラーニなら今年の新人はエラ・マイで決まりではないでしょうか。かわいいし。やっぱりマスタードは天才だし。かわいいし。

 

それでは