読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TaKotarou’s blog

語ります。

マック・ミラーとヴィンス・ステープルズが白人ラッパーについて語る。

そんなインタビュー記事を和訳してみた。

www.thefader.com

 

 

ザ・ディヴァイン・フェミニン

ザ・ディヴァイン・フェミニン

  • アーティスト: マック・ミラー,ケンドリック・ラマー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/12/14
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

There are more white rappers today than ever, but there still aren’t very many—you can rattle off a dozen if you really try.
今では白人ラッパーも目にするようになったが、それでも多くはない。 数えてみると十数人ぐらい。
Yet somehow, white rappers have attracted a disproportionate amount of attention and accolades: from Eminem’s commercial dominance in the early ’00s, to frat rap exploding out of college campuses in the 2010s, to the surreal scene of the 2014 Grammys, where Macklemore won Best New Artist then apologized to Kendrick Lamar for “robbing” him.
しかし白人ラッパーはエミネムの商業的な成功から00年代のFrat Rapの盛り上がり、そして14年のグラミー賞でケンドリック・ラマーから賞を奪うようになる爆発的人気までと注目はされているのだ。
Today, the white rapper’s position in hip-hop is a bit like the black citizen’s position in America: both at the center and on the fringe, a group with a complicated history that keeps throwing wrenches into the status quo.
だが、今日のヒップホップでの白人ラッパーの地位はアメリカ社会の黒人市民と同じようなもの。 現状にレンチを投げ続ける歴史を持つようなもの。

 

Mac Miller is a white rapper: a Pittsburgh teen turned adult icon who earned indie cred well after he gained fame.
マック・ミラーは白人ラッパー。ピッツバーグ出身。10代の頃に名声を得てそのままスターダムへ登る。
Vince Staples is not: he’s a Long Beach smartmouth with a politically militant streak and a Sprite deal.
ヴィンス・ステープルズはそうではない、政治的で戦闘的なストリーク。スプライトと契約を結ぶロングビーチ出身。

We asked the two longtime rap fans and friends how and why white rappers got popular,
2人の長年のラップファンにどうやって白人ラッパーは人気を得てきたのか。

what it’s like to be one (and not be one), and whether race in rap matters in the first place.
そしてラップに人種は関係あるのか。それを聞いていく。

 

 

MAC MILLER: There’s always been a bunch of white rappers in the super-underground scene—cult shit, like Atmosphere.
M:アンダーグラウンドシーンには沢山の白人ラッパーがいる。それこそ空気のように。
I never listened to any of it, but there was a lot of white people like,
それを聴きはしないけど、白人ラッパーっぽいやつも結構居たよ。
“I love white rappers because I can identify with them.”
「白人ラッパーを愛してる。そいつらを見極めれるから。」とかさ。
The reason white rappers can do what they do is because white people be hoorah-ing the shit.
白人ラッパーが存在できるのは、白人が騒ぐから。
It’s like when there are white people on an NBA team.
NBAのチームに白人がいるようなものさ。

 

VINCE STAPLES: White people definitely root for white people.
S:白人のルーツは白人だからな。

 

MILLER: That’s a huge reason why it’s become so big right now.
M:そう、それが人気の理由なんだ。

People are like,
人々は
“Yeah! A white guy rapping! I wanna support that because not a lot of white guys rap!”
「イエー!白いやつがラップしてる!それをサポートするよ、白いやつはラップしないからさ!」って。
I remember hearing Eminem for the first time in my kitchen:
初めてエミネムを聞いたのを覚えてる?俺はキッチンで聞いた。
I had a really little TV that was as big as my head, and
俺のデカイ頭ぐらいのちっさいTVでMTVで
“The Real Slim Shady” was on MTV.
“The Real Slim Shady”が流れてた。
I definitely had a moment of being a young white kid rapping every lyric in the mirror.
これで白人の意識は変わった、小さい白人はみんな鏡の前で真似したはず。

 

STAPLES: I ain’t really fuck with Eminem at first.
S:俺は最初はそこまで気にもしなかった。
I saw “Purple Pills,” and I was like,
“Purple Pills”を聴いて
“What the fuck is these niggas doin’?”
“What the fuck is these niggas doin’?”ってラップする
But I didn’t really care about rapping.
でもラッピングはそこまで気にしなかった
I was trying to hear some Ja Rule, like,
それ以上にジャ・ルールが聴きたかった
“Nigga, where Ashanti at? Don’t nobody wanna hear you rappin’ about your momma.”
“Nigga, where Ashanti at? Don’t nobody wanna hear you rappin’ about your momma.” ってね。
That’s how I was feeling in my younger days.
これが若い頃に思ったことだ。
Eminem was too aggressive for me.
すごく積極的すぎたんだよ。

 

MILLER: Now it’s evolved to where you have different types of white rappers.
M:今じゃ色んな方向に進化した白人ラッパー。
You have a RiFF RAFF, and an Action Bronson, and me, who are all completely different.
RiFF RAFFとアクション・ブロンソンと俺、みんな違う。
Earlier, white rappers were just on the super storytelling, very poetic.
昔はストーリー重視の白人ラッパーしか居なかったのに。

 

STAPLES: "Lyrical miracle spiritual spherical…"
S:「リリカルは奇跡の精神の魂…」

 

MILLER: They felt like, “I can be a rapper because I can rhyme hella words and be super complex with it.
M:みんな「俺は韻を踏めてそれがスーパーコンプレックスになる、だからラッパーになれる」って。
The crazy thing is, to other rappers, you’re not nice just because you can say “Abomination connotation alteration.”
狂ったことに、みんな「憎しみの言葉の改造」に走るんだ。それは良いことじゃない。

 

STAPLES: When you’re white and you rap, you’ve gotta have bars.
S:白人ラッパーはラップしている時にバーが有るはず。
It’s all about the bars.
すべてのバーだ。
Mac Miller said, If you don’t love me then just lie to me.
マック・ミラーが言うように、「愛していないやつは、嘘をつく」って。
That’s a fuckin’ bar.
これこそバーなんだ。

 

MILLER: Paul Wall, to the culture, is so important and crazy because he was a white dude that was just like,
M:ポール・ウォールは重要な意味で狂ってる。
“I’m just a cool ass white dude, so I’mma rap.”
だって“I’m just a cool ass white dude, so I’mma rap.”ってラップするんだぜ。
It wasn’t, “I know I’m not supposed to be here, so let me get really next-level.”
それで“I know I’m not supposed to be here, so let me get really next-level.”こう続けるんだ。

 

STAPLES: I thought Paul Wall was Puerto Rican.
最初ポール・ウォールをプエルトリコ人と思った。
Are we talking about white people that rap, or white rappers?
俺達は白人ラッパーについて話しているのか?それとも白人ラッパーのラップについて?
Cause it’s a fuckin difference.
それで大きく意味は違ってくる。
White rappers are corny. White people that rap, it’s like,
白人ラッパーの多くは陳腐。ラップもそうさ。
“Oh, that’s wassup. You white, you rap.”
“Oh, that’s wassup. You white, you rap.”こんなダサいラップ。

 

MILLER: Definitely. The genre of white rapper is not tight.
M:間違いないね、白人ラッパーのジャンルは厳しくない。

 

STAPLES: Yeah, that shit is a genre, bro.

S:そんなのジャンルじゃないね。

 

MILLER: And it’s funny because, when [my 2011 album] Blue Slide Park happened,
M:面白いことを覚えてる。11年の”Blue Slide Park”を出したときのこと。
there was a surge of all these kids,
キッズがめちゃくちゃ来たんだ。
and we were able to sell 10,000 units on iTunes just out of nowhere.
1万もiTunesで売ったんだ。
I remember touring and doing shows, and I was the first rap show ever in all these colleges.
そして初めてのカレッジでのライブ。
Six thousand kids, and I’m the first hip-hop show because I’m white-college-friendly.
6000人のキッズ。白人はフレンドリーで良いと思ってた。
That was always a demon for me.
でもそれが悪魔だった。
It was hard to sit here and know that, because I was a white dude,
俺が白人だからそこに座ってるだけなんだ。
I was able to sell easier and be more marketable.
だから簡単に売れるし、市場も求めてる。
That wasn’t tight to me.
俺に厳しさなんてなかった。
I wanted to go through the same shit that everyone else did.
でも他のラッパーと同じことをしたかったんだ。
But I did that shit, and that shit was huge for me.
でもこれは糞だったんだ。
Recently, I’ve grown up.
でも今は成長した。
This is my job, and I’m going to do it.
これが俺の仕事、それをやりきるだけって。
It used to be so difficult for me being a white rapper, but now, it doesn’t eat at me as much.
以前は白人ラッパーって呼ばれるのは嫌だった、でも今は気にしない。

 

STAPLES: Maybe you’re not the problem. Maybe the problem is that black people don’t support each other and don’t fuck with each other as much as they should.
S:多分だけど、マックには問題はない、問題は黒人のサポートのしないこと。
Maybe Hispanic people don’t fuck with each other and support each other as much as they should.
多分ヒスパニックでもお互いにサポートする。
You’re not the problem.
マックには問題はないんだよ。
White people got the right idea:
白人は正しい考えを持っているよ。
the first thought, the first action, is to be a supporter.
最初に起こす行動はサポーターになるってところ。

 

MILLER: I grew up around people of all different races that were all different types of people.
M:俺はいろんな人種がいるところで育った。
I know white motherfuckers that are wilder than black dudes I know, as far as some thugging shit.
馬鹿な考えの白人をたくさん知ってる。
That’s a conversation that needs to be put to bed the quickest.
話をする必要もない奴ら。
Regardless what the percentages and statistics are, the reality is—or, at least mine was—
統計とかパーセンテージの話ではないけど現実には
there was motherfuckers that were on some hood shit that were white and black.
黒か白のフード被った馬鹿ばかりなんだ。
Race didn’t categorize that exactly.
レースはそれを正確に分類しなかった。

 

STAPLES: When it comes to giving credit and showing appreciation, that’s a different conversation.
S:クレジットに感謝するのなら別の機会にしよう。
If we’re talking about origins of music, if you’re talking about rock & roll, you have to give credit to Chuck Berry.
そうなったらロックならチャック・ベリーに感謝をしないと。
He invented it; Elvis stole some shit; it’s fine.
でもエルビスはそれを盗んだのかもしれない。でも良いんだ。
When you talk about rap, you have to give credit to the South Bronx and that whole community and Afrika Bambaataa.
ラップならサウス・ブロンクスとそのコミュニティー、そしてアフリカ・バンバータ、
You have to give credit to where it’s due.
それらに感謝をしなければ。
If we talking about basketball, you gotta give credit to Dr. Naismith.
バスケならネイスミス博士に。
There are people that created things, and who made things, but if we’re talking about someone’s ability to participate in something, then the color of a person should not be in the conversation, period.
物の作った人間に人種なんて関係ないんだ。

 

MILLER: Good and bad music, it has so much less to do with what race people are.
M:いい音楽も悪い音楽も、人種は関係ない。
Maybe because dude’s white, the experiences life have given him,
多分、白人の経験なんて知れてる。
that’s why his music is that bad.
だから悪いものばかり。

 

Prima Donna [Explicit]

Prima Donna [Explicit]

 

 

STAPLES: Without the Beastie Boys, there’s no Vince Staples music.
ビースティ・ボーイズがいなければ俺の音楽はなかった。
So I don’t care about some white rapper shit.
白人ラッパーがどうとか俺には関係ない。
My music don’t sound like traditional rap music in that sense.
俺の音楽は伝統もクソもない。
It’s not all black people where I live at; it’s not all white people where I live at.
だから黒人も白人も何も無い。
Color has nothing to do with the socio-economic background.
人種は社会にも経済にも関係ない。
That’s a different conversation.
それは別のときにすればいい。
Being in a certain social situation and being of a certain kind of class has nothing to do with what color you are.
特定の状況、ある種類のクラスに属するとき、それも人種には関係ないものだ。
They couldn’t understand Kreayshawn because they never been to Oakland.
誰もオークランドなんて知らなかった、だからクレイショーンは理解できない。
Anybody that got something to say about the Kreayshawn shit, I suggest you run up on V-Nasty.
何かクレイショーンに有るならV-ナスティでもいい。

 

MILLER: Hell no. V-Nasty is with the shits.
M:確かにそうだな。

 

STAPLES: I want them to try Vanessa. I really do.

S:是非聴いてほしいんだよ。

 

MILLER: Vanessa: great human being, kind person, with the shits. 100 percent.
M:偉大な人間で親切だしな。100%そうだよ。

 

STAPLES: But in general, more people can connect to things in music that are said by white people because white people aren’t as harsh.
S:でも現実は白人はそこまで厳しくない。
Not everybody can relate to being in the fucking ghetto and living on welfare and having to kill somebody and having to sell drugs.
誰もがゲットーに居て、誰かを殺すかクスリを売る必要があるわけでもない。
But they listen to, I want to shop right now, I only got 30 dollars in my pocket.
でも彼らを聞く。ポッケには30ドル。
It’s like, you know what, I’ve had 30 dollars in my pocket before.
今すぐ買い物に行きたくなる。
“Same Love,” you know what,
”Same Love”
I want people to love each other too.
俺も同じ考えさ。


MILLER: Macklemore made songs about things.
M:マックルモアはそんな物事について歌うんだ。
“Thrift Shop” is about going thrifting. “Same Love” is about sexuality or whatever.
“Thrift Shop”は倹約、”Same Love"はセクシュアリティについて、
But Iggy Azalea, she’s not saying anything.
だがイギー・アゼリアは?
She’s just rapping.
ただラップするだけ。
That’s not negative, she’s just—it’s different.
否定しているわけじゃないぜ、ただ言うことはない。他と違うだけ。

 

STAPLES: These little third grade hoes feel fancy, man.
S:三年生みたいな女の子は派手だ。
Nobody’s mom in Mayberry is about to let them go to a fuckin’ Migos concert
メイベリーの親がミゴスのコンサートに行かないようなものさ。
Are you serious?
それが本気?
No. It’s not going to happen.
そんなことが起きるわけない。
“Oh, the ‘Fancy’ song I like? The video’s cute, go buy the shit.”
「私のスキな”Fancy”よ!ビデオが可愛いの!買って!」って
It’s that fuckin’ simple.
簡単なこと。
If I made Iggy-style music—
イギー・アゼリアの音楽を俺がする。
if I made polite, more easily approachable music—
そんな礼儀正しく出来たなら
I would understand why kids would be there.
子供も理解してくれるだろう。

 

MILLER: Name a black rapper whose subject content isn’t provocative.
M:挑発的なラップをしないことか?

STAPLES: Will Smith. And Will Smith was hot. Lil Bow Wow.
S:ウィル・スミス。ウィル・スミスはホットだった。リルバウワウも。


MILLER: Chamillionaire has never cursed.
M:カミリオネアも呪われてはないよ。

 

STAPLES: White people loved MC Hammer, though.
S:白人はMCハマーを好んでた。
“Can’t Touch This.” Let’s dance, we’re not killing nobody.
“Can’t Touch This.”で踊るように。誰も殺しちゃいない。
White people love Michael Jackson.
マイケル・ジャクソンも同じ。
And they love him to this day.
今でも愛している。

 

MILLER: I might make a song like “Thrift Shop.” This is a thing that me and Vince agree on, that none of our other friends do.
M:俺もいつか“Thrift Shop.”みたいなのを作るかも。同意してくれたしね。
Me and Vince and [Schoolboy] Q.
俺とヴィンスとQで。

 

STAPLES: Q, yeah. I was about to say: Q ready to get that check.
S:Qか良いね。いつも言ってること、Qは準備できてる。
I make music at the end of the day.
俺は一日の終りに音楽を作る。
I ain’t worried about sticking to hip-hop.
ヒップホップにこだわらなくても良いんだ。
Y’all gotta stop worrying about the race shit.
人種のことも気にしすぎることもない。
It’s more important shit out there.
他に重要なことはたくさんある。
Ja Rule got a show on MTV, let’s talk about that.
ジャ・ルールはMTVでショーした、それについて話そう。

 

MILLER: I’m on it! I got a cameo.
M:いいね。俺はカメオを得るよ。

 

Summertime '06

Summertime '06

 

 それでは