TaKotarou’s blog

語ります。

サウスフロリダ・サウンドは本当に新しいパンク・ロックなのか?

と題されたGeniusの記事。

genius.com

その記事をツラツラと。

 

サウスフロリダにはXXXテンタシオンを始めリル・ポンプ、スモークパープなどが代表されるラッパーがいる。

あるところからはサウンドクラウドラップと言われる彼らのラップは新しい形のパンクと評される。

そんな彼らが本当にパンクなのかを掘り下げた記事である。

It all depends on your definition.
それはあなたの定義によるだろう。

For its first 15 years as the prevailing youth culture in the Western world, rock ‘n’ roll stayed pretty vital.
西洋の若者文化として15年もの間一世を風靡していたのがロックンロールである。
Then came the 1970s, a time of theatrical prog-rock geekery and mustacheod dudes ripping long-ass guitar solos.
70年代はプログレオタクに長いギターソロ。
Kids of a certain mentality on both sides of the Atlantic craved something with more urgency and excitement, so they grabbed instruments they couldn’t necessarily play and launched the musical insurrection known as punk.
そんな大西洋の両側の若者たちは興奮したのである。なにかが掻き立てられたのである。それが出来もしない楽器を持った。それがパンクと呼ばれる音楽の暴動の始まりだ。

Today, hip-hop is king of the block, and although the state of mainstream rap is quite healthy, something akin to punk has been happening on the internet.
今日、ヒップホップはシーンの王様である。主流は落ち着いているが、ネット上では正体が違うのだ。
Taking full advantage of platforms like Soundcloud, a new generation of artists unofficially headquartered in South Florida has circumvented traditional gatekeepers and introduced a divisive new sound marked by raw, aggressive beats and confrontational lyrics.
サウンドクラウドのようなプラットフォームをフル活用し、南フロリダ出身のラッパーたちが新しいサウンドを作り出している。

With dyed dreads and facial tats, Broward County upstarts XXXTentacion, Lil Pump, and Smokepurpp are making a racket and pissing off old heads.
染められた頭、顔面のタトゥー。ブロワードのXXXテンタシオン、リル・ポンプ、スモークパープ。
They had millions of fellow teens streaming their songs before the national press started paying attention.
だが、彼らが注目される前にも、同胞たちは曲作りをしていた。
But are they truly punk, as publications like the New York Times have suggested?
ニューヨーク・タイムズのような新聞社が報じた。だが本当にこれはパンクなのであろうか?
That depends on how you define that adaptable and contentious term.
これは人々の定義によって変わるであろう。
Debates over what is and isn’t punk are as old as the genre itself, and they often center on what attitude artists project with their music.
パンクというジャンルの議論は昔から行われている。アーティストがどのような姿勢で作っているのかが重要視される。


The South Florida crew is known for nihilistic lyrics about Xans, Glocks, and rolling up on your girl in a foreign.
南フロリダのラッパーはザナックス、グロック、オンナ、この3つをニヒリスティックに歌詞にする。
(Non-Floridian Soundcloud heroes like Lil Uzi Vert, Lil Peep, and Trippie Redd are generally more emo in their approach.)
(南フロリダ出身ではないサウンドクラウドヒーローたちも同じよう。例えばリル・ウージー・ヴァート、トリッピー・レッド、リル・ピープ)
It can be bleakly funny, like when Lil Pump gets high with his grandma and takes aim at yours.
だが面白い歌詞もある、リル・ポンプはおばあちゃんとハイになる。(これはGucci Gangの歌詞より。)
The nimblest rhymer of the bunch, Ski Mask the Slump God, counteracts the grimness with constant references to cartoons and movies you haven’t thought about in years.
すばしっこいライムの持ち主スキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドはB級映画をライムに混ぜてくる。


While gritty street narratives sprinkled with pop-culture references aren’t new for hip-hop, the brazen, unapologetic tone of these two-minute mosh-worthy recordings has sent shockwaves through the music world.
ポップカルチャーにもう馴染んだと言っても差し支えないほどヒップホップは根付いた。だがこの2分そこらのトラックに皆衝撃をうけるのだ。
It’s no longer just an underground thing: Smokepurpp has signed to Travis Scott’s Cactus Jack label, while Lil Pump’s self-titled debut mixtape reached No. 3 on this week’s Billboard 200.
もはやアングラシーンだけでは収まらない。スモークパープはトラビス・スコットのレーベル入り、リル・ポンプのアルバムはビルボードで3位。
“What you gotta say?”
「何か言わないと気が済まないのか?」
Lil Pump asks on the opening track f the project, daring you to challenge the hedonistic lifestyle he’s described.
と挑発的なオープニングトラックのリル・ポンプ、これからも快楽主義を求め生きていくと声たかだかにラップした。
This all plays into the purest notion of what it means to be punk: not giving a fuck.
これらは全てパンクと意味することであろう。

On Ski Mask’s “Bird Is the Word,” he raises a middle finger to authority while simultaneously making a drug reference and quoting from “Surfin’ Bird,”
スキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドは“Bird Is the Word,で権威に中指を立て、薬物についてラップした。
a 1963 garage-rock tune later covered by seminal NYC punks the Ramones:
1963のガレージロック。ラモーンズが後にカバーする“Surfin’ Bird,” を使う。

Ramones were GOATs, but of the original ‘70s punk groups, none embodied the spirit of young, loud snottiness better than the Dead Boys, whose 1977 debut album is actually called Young Loud and Snotty.
ラモーンズはGOATsであった。70年代のパンクロックの中でもだ。デビュー作では先に人気だったDead boysよりも優れていると言わしめた。
Compared to peers like Blondie and Talking Heads, these Cleveland transplants were on some truly dark shit.
ブロンディやトーキング・ヘッズよりもクリーブランドは暗かった。
Here’s the first verse from their signature song, “Sonic Reducer”:
そんな彼らの時代の象徴的な一曲 “Sonic Reducer”

I don’t need anyone
Don’t need no mom and dad
Don’t need no pretty face
Don’t need no human race
I got some news for you
Don’t even need you, too

In the last verse, lead singer Stiv Bators declares, “I’ll be a pharaoh soon / Rule from some golden tomb,”
デッド・ボーイズのボーカルは“I’ll be a pharaoh soon / Rule from some golden tomb,” と歌う。
imagining himself towering over everyone who’s ever done him wrong.
これが上に立った男の考えることである。
It’s a cynical, misanthropic dream that Smokepurpp seems to share on “Glock In My Benz,”
シニカルで悲観的な夢である。この感情も“Glock In My Benz,”でもスモークパープはシェアした。
though he’s motivated less by bitterness than he is by the simple desire to cruise through life as he pleases.
悲痛もあるがシンプルな欲望が人生の動機だと言う。

I don’t want no friends
I want no friends
Glock inside my Benz
No such thing as friends

While “Sonic Reducer” and other Dead Boys cuts like “All This and More” and “Caught With the Meat In Your Mouth” carry some cringeworthy misogyny,
だが“Sonic Reducer”などのデッド・ボーイズの曲と
they’re tame compared to a lot of Soundcloud rap.
サウンドクラウドラップと比べて納得の行かない者もいる。
(See: XXX’s “Butthole Girl!” featuring Tank Head, Robb Banks, and Craig Xen.)
Speaking with Genius earlier this year, famed pop-punk producer and Goldfinger frontman John Feldmann argued that sexual content of any kind marks a key distinction between Soundcloud rap and punk rock.
ポップパンクのプロデューサーのゴールドフィンガーはこれらのサウンドクラウドラップとパンクは区別しているという。
逆の意見もある。

“It’s the most graphic lyrics about hooking up ever, and that’s not what punk rock was about—ever,“
これはグラフィックな歌詞、パンクにはなかった。これまでは。」
says Feldmann, a big fan of Soundcloud rap who’s actually worked with producer Ronny J, one of the scene’s sonic architects.
とフェルドマンが言う。フェルドマンはサウンドクラウドラップの大ファン。サウンドクラウドラップのプロデューサーのロニーJとも働いたことがあるという。
"It was never about that. In any genre of punk rock. That was never the message.”
「パンクロックにはこれまでメッセージは無かったんだ。」

For a certain type of punk band, “message” is very important.
だが、特定のバンドには「メッセージ」は大切な要素。
If one definition of punk is not caring about a damn thing, another is caring about absolutely everything.
気にしないのもいれば気にするものもいる。
The godfathers of this were the Clash, a London foursome who addressed issues ranging from hometown boredom to U.S. proxy wars in South America.
クラッシュはパンクのゴッドファーザーと言われるが、彼らは退屈な故郷から精一杯メッセージを発信した。
“We’re anti-fascist, we’re anti-violence, we’re anti-racist and we’re pro-creative,”
「アンチファシスト、アンチ暴力、アンチレイシスト」
singer Joe Strummer once said.
とジョー・ストラマーは言った。
“We’re against ignorance.”
そして「無知に反対しているんだ。」とも。


The Clash are part of a long lineage of political punk bands that includes Bad Brains, Dead Kennedys, Black Flag, Crass, Fugazi, Stiff Little Fingers, Anti-Flag, Against Me! and Bad Religion,
これらがメッセージ性を持つバンドたち。
whose PhD-packing lead singer Greg Graffin has a rather highfalutin way of describing the genre that, let us not forget, also encompasses Blink-182:
忘れてならないのが博士課程を持っているボーカルグレッグ・グラフィンがいるブリンク182である。

Punk is: the personal expression of uniqueness that comes from the experiences of growing up in touch with our human ability to reason and ask questions; a movement that serves to refute social attitudes that have been perpetuated through willful ignorance of human nature; a process of questioning and commitment to understanding that results in self-progress, and through repetition, flowers into social evolution; a belief that this world is what we make of it, truth comes from our understanding…
そんな彼のパンクについてのインタビュー。

Graffin may be disappointed by the lack of questioning in Soundcloud rap.
グラフィン的にはサウンドクラウドラップには失望するかもしれない。
In a recent interview with Noisey, Smokepurpp defined the “movement” he’s part of as “ignorant.”
ノイジーのインタビューで、スモークパープはムーブメントを“ignorant.” と定義した。
Asked for tips on how to be ignorant, Lil Pump replied, “Stop giving a fuck.”
ニューヨーク・タイムズでリル・ポンプは無知への道を「考えるのを止めること」と言った。
In fairness to Purpp, who comes across as completely self-aware in his New York Times interview, messing with suspicious journalists is part of the fun.
インタビューでパープは完璧に自分をわかっているようだった、そして怪しいジャーナリストをばかにするのは楽しいことだと言い放つ。
It was for the Sex Pistols, who swore on TV in 1976 and instantly became Britain’s most infamous punk group.
これはセックス・ピストルズに通ずるところがある。1976年のTVで言い放ったのと同じである。

Politically speaking, the Pistols were a curious case.
セックス・ピストルズは政治的には好奇心が強い方であった。
Their twin anthems “God Save the Queen” and “Anarchy In the UK” seem pretty nihilistic, but singer John Lydon, f.k.a. Johnny Rotten, claims that lines like
2つのアンセムから分かるようにジョニー・ロットンは
“There is no future in England’s dreaming” and “I get pissed/Destroy!” come from a place of righteous anger.
「イングランドに夢はない。」「俺はすべてを壊す!」と言葉は正義の怒りから着想されている。
“[Nihilism] was a word that was thrown at me very early on in my career,” Lydon told Alan Light.
「ニヒリズムはキャリアの最初から言われている。」と言ったこともある。
“Ludicrous.”

But Lydon’s artistic intent almost doesn’t matter, because the Sex Pistols are remembered by many solely for their ability to shock people—another punk prerequisite, according to some definitions.
ジョニー・ロットンはそこまで問題にはならない。セックス・ピストルズはそういったものだったからだ。
Creating a spectacle was Pistols bassist Sid Vicious’ chief purpose for being in the band.
その光景を作り出したのはベーシストのシド・ヴィシャス。
It remains to be seen how XXX will be dealt with by the courts or remembered by the public, but for now, like it or not, he’s the Sid Vicious of Soundcloud rap.
XXXはサウンドクラウドのシド・ヴィシャスなのである。

One of the most iconic images of the punk era is that of Sid onstage in Dallas in 1978, bleeding from the nose after being socked by a female fan.
パンクの象徴的なイメージはシドのものである。 ステージで抱かれたファンは鼻血を出す。
By most accounts, Vicious (real name: John Ritchie) was a good kid who took to the role of Pistols mascot a little too enthusiastically.
だが実際はシドは役を演じたいい子であった。
He developed a nasty heroin habit, and in October 1978, he allegedly stabbed girlfriend Nancy Spungen to death following a drug binge at New York’s Chelsea Hotel.
だがヘロイン中毒で、錯乱状態時にガールフレンドをチェルシーホテルで刺し殺す。
Sid maintained his innocence but overdosed before he could stand trial.
まともに裁判を受ける前にシドもヘロインの過剰摂取で死ぬ。

As a man accused of murdering his girlfriend, Sid is a problematic figure, to say the least.
恋人殺しと批判されてもなお、パンク界の象徴であるシド。
And yet he’s still worshipped as a symbol of punk’s outrageousness.
未だに崇拝されているのである。
Parallels might be drawn between Sid and XXXTentacion, who goes to great lengths on his turnt-down 2017 debut 17 to paint himself as a troubled soul and wrongly accused bad guy.
パラレルのようにXXXとシドは似ている。デビュー作でトラブルな魂と、冤罪に惑わされる悪人を描いた。
(The album reached No. 2 on the Billboard 200.)
(このアルバムは2位。)
XXX didn’t just get his nose bloodied onstage, he got knocked out, and his alleged crimes against women—including aggravated battery of a pregnant woman—suggest a pattern of sickening behavior that can’t be explained away by a chemically induced stupor.
XXXは妊娠中の女性を暴行したという冤罪もかけられた。またステージ上でノックアウトさせられたこともある。

It remains to be seen how XXX will be dealt with by the courts (his trial starts in December) or remembered by the public, but for now, like it or not, he’s the Sid Vicious of Soundcloud rap.
XXXの裁判はどのように進むかわからないが、サウンドクラウドラップ界ののシド・ヴィシャスで間違いない。(裁判は12月より。)

Or maybe he’s the G.G. Allin, a figure who’s mentioned way more frequently in conjunction with what’s happening in Florida and beyond.
あるいはGGアリンとでも言おうか。
(Lil Uzi Vert loves the guy.)
(リル・ウージー・ヴァートも好きな。)
Like Sid, Allin is more famous for onstage mischief—in his case throwing poop at fans—than for any of his musical output.
シドと同じようにアリンもまたステージ上の奇行が有名。
When Purpp spoke to HNHH about why the cover of his 2017 Deadstar mixtape recreates an old Allin photo, the rapper revealed himself to be less than a superfan and admitted his friend came up with the idea.
パープはミクステにアリンの写真を真似たことをHNHHでこう語った。「友人が思いついたんだ。こんなインスピレーションの元なんてわからなかった。」

In that Deadstar cover image, Purpp lies in a coffin surrounded by photos of himself, a bottle of booze by his side.
そのミクステのカバーは、自分の写真で囲まれた棺桶に入っている。
It’s classic romanticization of death, a time-honored pastime of goths and gangstas alike.
これはゴスとギャングスタの娯楽でもあり、古典的に知られている。
Young rebellious artists are naturally drawn to taboo subjects, and charitable listeners might hear all the gunplay and sexual mayhem of Soundcloud rap as nothing more than juvenile button-pushing.
この若いタブーなテーマはボタンを押すだけで青少年に聴かれてしまう。銃声や性的暴行が含まれている。
After all, these guys are teenagers—younger than pop-punk heroes NOFX were when they recorded dopey tunes like “On the Rag” and “New Boobs.”
結局、NOFXのように若い男がドーピーな音楽を作ったのである。
Pop-punk has long been a safe space for immature young men, but because they’re white suburban bros, the sexism and homophobia tend to get overlooked.
だがポップパンクは白人の音楽であった。ここには性差別や同性愛嫌悪を含まれるかもしれない。

Of course, subject matter and shock value don’t matter much if the music doesn’t go hard.
もちろん音楽が良ければ、テーマドどうでもいい。
Sonically, punk should be abrasive to outsiders and driven by a passion that compensates for any musical shortcomings.
パンクは情熱で補われて動かされるべきであるのだ。
By these metrics, a song like Ski Mask and XXX’s “Take a Step Back” is punk as fuck.
これらはスキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドやXXXの“Take a Step Back”のようなトラックはパンク。
As Ronny J’s sepulchral bass rattles the skull, the screamed chorus vocals—
ロニーJのベース、叫んだボーカル
”Fucked up, fucked up, fucked up, fucked up!”—crackle with rage.
”Fucked up, fucked up, fucked up, fucked up!”と怒りを爆発される。
Much of 2017 Members Only, Vol. 3 tape is even gnarlier.
Members Only, Vol. 3はもっとすごい。
A growling Slipknot sample underpins Ski Mask’s “Off the Wall,” while shredding metal guitars fit nicely with the shout-outs to Satan in closer “Bowser.”
スリップノットをサンプリングしたり、メタルギターがサタンのように叫ぶ。
Everything sounds homemade, single take, in the moment.
全てがホームメイドで、一発撮り、この瞬間だけのものなのである。

The definition of punk outlined in the second issue of the seminal ’70s-era NYC fanzine Punk: “any kid can pick up a guitar and become a rock ‘n’ roll star, despite or because of his lack of ability, talent, intelligence, limitations and/or potential.


The DIY ethos so central to punk is also paramount in South Florida rap.
このDIYの精神がサウスフロリダでは重要なのだ。
If you’re a kid from that economically blighted area, you get to see people who look like you creating new identities and sharing exaggerated versions of their life stories with millions.
荒廃した地域の子供が新しいアイデンティティを作る。数百万人が熱狂するのである。
Self-expression suddenly seems doable, just as it does for the Latino teens throwing backyard shows in the excellent 2016 documentary Los Punks: We Are All We Have.
優秀なドキュメンタリー”Los Punks: We Are All We Have.”のように自己表現は誰にでもできる。
They use guitars instead of laptops, but the spirit is the same.
彼らはパソコンの代わりにギター。だが精神的には同じなのである。
Speaking to Rolling Stone, Smokepurpp remembered encouraging Lil Pump to record his first song using headphones for a mic.
ローリングストーンのインタビューで。スモークパープは「リル・ポンプはヘッドホンのマイクでレコーディングしてみろ」とアドバイスされたことを思い出す。
Ski Mask recalled he and XXX using “the worst recording set up” to make their early recordings.
スキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドとXXXは”クソみたいな環境”でレコーディングしたこともある。
“But you could set it up anywhere, and that was the wave we were one,“
「でも俺達は一つになってた、やる気があればどこでも出来る。」
Ski Mask said.
スキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドは言った。
”The raw energy of that—the distortion—is our specialty and we used that to our advantage.”
「こういう歪んだエネルギーが俺達の専門分野。それがうまくいくように利用しただけなんだ。」


Ronny J told Noisey that even though he grew up with Charlie Heat, a producer who’s now signed to Kanye West’s label, he resisted asking his friend for pointers.
ロニーJはノイジーのインタビューでチャーリー・ハート(カニエのレーベルで働く敏腕プロデューサー)と一緒に育ったのに、彼から助言は受けなかったと言う。
He wanted to learn the software on his own and develop the speaker-busting sound he describes like this:
1から自分で学びたかったと振り返る。
“Unorthodox. Out of this world. Just going against the grain, no rules. I never use music theory.”
「異端かもな、世界から見ても、でもルールなんてあるか?音楽に。」

That echoes the definition of punk outlined in the second issue of the seminal ’70s-era NYC fanzine Punk:
これは70年代のパン区の流れに通ずるところがある。
“any kid can pick up a guitar and become a rock ‘n’ roll star, despite or because of his lack of ability, talent, intelligence, limitations and/or potential, and usually does so out of frustration, hostility, a lot of nerve and a need for ego fulfillment.”
「誰もがギアーを持てばロックンロールスターになれる。能力、才能、限界なんて関係無い。欲求不満、敵意、自我を充足させることによって生まれる。」

It must be said that hip-hop has always been DIY music.
ヒップホップはDIYでないといけないと言われている。
And it’s been likened to punk since both genres were coming of age a few miles apart in NYC.
それはパンクとも通ずる。両者は似ているのだ。
Punks were some of the first white musicians to recognize the power and artistry of rap.
パンクはいち早くラップを取り入れ、力や芸術性を認識した。
Inspired by originators like Grandmaster Flash, who’d they’d tap as an opening act, the Clash offered their take on beats and rhymes with 1981’s “The Magnificent Seven.”
グランドマスター・フラッシュのようにクラッシュは韻を踏んだ。
That same year, Blondie released “Rapture,” the first song with rapping to top the Billboard Hot 100.
ブロンディはラップでチャートイン。
Singer Debbie Harry name-checks Flash and Fab Five Freddy, who appears in the video.
デボラ・ハリーはグランドマスター・フラッシュとファブ・ファイブ・フレディを調べた。

In 1983, former Sex Pistols manager Malcolm Mclaren further hipped white kids to hip-hop with Duck Rock, a curious act of cultural appropriation that explored black music from Africa to the South Bronx.
1983、セックス・ピストルズの元マネージャーはサウス・ブロンクスの子どもたちにヒップホップを撒いた。
(Eminem interpolates a line from the album’s best known song, “Buffalo Gals,” on “Without Me.”)
(エミネムのよく知られている“Without Me.”は“Buffalo Gals”から引用する。)
In 1984, Lydon teamed up with Afrika Bambaataa for “World Destruction,” an amalgam of post-punk and hip-hop that predated Aerosmith and Run-DMC’s “Walk This Way” by two years.
84、ジョニー・ロットンはエアロスミスとランDMCよりも速くチームを組んだ。
By 1986, the Beastie Boys had long since traded the hardcore punk of Pollywog Stew for the boisterous party-rap that made them MTV stars.
86年までビースティ・ボーイズがMTVなどで一世を風靡。

Discussing early hip-hop in 2015, Lydon said,
2015年のヒップホップについてジョニー・ロットン。
“If you ask Bambaataa, he’ll tell you it was punk music, quite proudly, and that’s how we were viewing it at the time, but it became a different genre and category, much to its detriment. Hip-hop, which was the original title, turned into rap, which became promo music for Taco Bell.”
「バンバータに聞いたとしよう、きっとパンクっぽいって喜んだ。今はヒップホップて名前だけのタコベルのラップさ。」


Lydon’s dismissal of all hip-hop after the mid-’80s reveals an unfortunate ignorance on his part.
80年代を無視したのは流石に無知である。
But his greater point about rebellious youth movements getting co-opted by big business is worth considering.
だが反抗的な若者がビジネスに傾くっていうのは考慮しなくてはならないだろう。
Luckily, whenever rap has drifted too far into commercial territory, something has come along to keep the music fresh.
でも幸運なことに、いつでもラップは新鮮な何かが起きる。
It happened with Public Enemy, gangsta rap, the post-Puffy backpacker MCs of the ‘90s, and Odd Future.
PEやギャングスタラップ、パフィー達にオッド・フューチャー。
All of them were labeled the punk rock of their day, too.
これらの動きはあの時のパンクと同じなのである。

So far in 2017, Migos, Kendrick Lamar, Future, and Lil Uzi Vert have scored No. 1 albums.
今のところ2017年はミーゴズ、ケンドリック・ラマー、フューチャー、リル・ウージー・ヴァートがナンバーワンアルバムになった。
Hip-hop is in a much better place than rock was in the late ‘70s.
70年代後半のロックよりもいい成績だ。
It doesn’t need Soundcloud rap to slam the rest button and make everyone on the radio obsolete.
ラジオ的にはサウンドクラウドラップなど必要ないのかもしれない。
And yet these South Florida rappers rage their way onto the charts, provoking extreme reactions on all sides.
それでもサウスフロリダのラッパーたちはチャートに怒り、あらゆるものに反応する。
If they’re not punk, it may be time for a new definition.
そんな彼らがパンクでなければ、新しい定義が必要ではないか?

 

最近注目され始めた彼らのラップはどう評されるのであろうか。

どう定義されようが、彼らの音楽は彼らでないと作れない。

ムーブメントを起こそうが起こさないまま終わっても、サウスフロリダでは根付いていくのだろう。

 

それでは