TaKotarou’s blog

語ります。

気になるシンガーCorbinについて。

陰々としたサウンドに、クルーナーなボーカル。

1998年産まれの19歳。なのに2つの名義を操る。

そんなCorbinについて。

今回はCorbinのアルバム”Mourn”のレヴュー記事。ピッチフォークより。

pitchfork.com

 

Teen R&B oddball Corbin Smidzik (fka Spooky Black) has refocused his energy.
Working with Weeknd collaborator Doc McKinney, he hones his vocal talent, even going for some black metal-inspired screams. 

 ティーンR&BシンガーCorbin Smidzik(またの名をSpooky Black)が再びエネルギーを放出。
ウィークエンドのコラボレーターと協力し、ブラックメタルからインスパイアを得たボーカルを磨きにかけた、魂の叫び。

 

 Corbin Smidzik has been off the grid.
Transforming from a turtlenecked, viral R&B oddball into a reclusive crooner—one well equipped for apocalyptic times—isn’t something he could pull off while maintaining a Twitter presence or popping up at festivals.
So into the woods he went, a young man wrestling with an unwieldy public persona.
In 2013, when he was 15-years-old, Corbin first appeared online with Forest, an amateurish rap project released under his since-abandoned Spooky Black pseudonym that showcased his ear for ghoulish effects.
It scanned as an Americanized take on Yung Lean’s #sadboy opus Unknown Death 2002: decent production bogged down by crude and violent lyrics that flyover state teens were high on after the Odd Future boom.
He followed that several months later with Black Silk and abandoned the rap angle entirely, instead bringing to light his incredibly powerful voice, one that stirred up a cult following in short order.
Combining the young Minnesotan’s organic vocal talent with delightfully low-budget music video treatments, songs like “Without U” and “DJ Khaled Is My Father” earned Corbin fans in the inner-circles of Drake and the Weeknd.

 Corbin Smidzikはアンダーグラウンドから出てきた。
タートルネックから変身したような、クルーナーで変わり者で孤立したR&Bはウイルスのよう。世界の終末を予想させるように歌う。ツイッターやフェス向きでは無いのは確かである。
森の奥に行き、レスリングしに行ったみたいな感じだから。
2013年、15歳の時Corbinがオンラインでデビュー。Spooky Blackという名義でも存在感を発揮。
ヤング・リーンのUnknown Death 2002で野蛮な暴力的歌詞を遺憾なく発揮。まるでOdd Futureのメンバーみたいに。
そして数ヶ月後、ラップを捨て信じられないほどの声を出していく。
若いミネソタボーイはオーガニックボイスとB級MVで“Without U”や“DJ Khaled Is My Father”と言った曲でファンを獲得。主にドレイクやウィークエンドの界隈である。

 

Now working with Toronto-by-way-of-Minneapolis producer Doc McKinney, who teamed with the Weeknd during the House of Balloons era, Corbin has honed his sound and refocused his energy.
Gone are the days where a mention of the Spooky Black moniker merited a chuckle and an inquiry into just how serious we should take this teen with a bizarre aesthetic.
Under his government name, Corbin is nearly an entirely different entity.
He is driven by paranoia and isolation to some Vantablack levels of doom and gloom.

 プロデューサーのDoc McKinneyと協力し、ウィークエンドのチームのもとでエネルギーを貯め、サウンドに磨きをかけた。
Spooky Blackの時代は去っていったのである。そして我々はこの美しい奇妙なサウンドを受け入れていかないのだ。
Spooky BlackとCorbinは別の存在になったのである。
そんなCorbinはパラノイアと暗黒レベルの運命と憂鬱に孤立したようなサウンドを作り上げる。

 

Corbin’s new album Mourn follows a loose narrative wherein our protagonist builds a bunker for himself and his lover to wait out the apocalypse.
The protagonist passes away in a plane crash before things go belly up, and his lover dies alone.
If you’re looking for a silver lining in the plot, you won’t find one, but the record does have some positive attributes elsewhere.
Most notably, Corbin continues to carve out his signature sound vocally, cornering the market on world-weary vocal strain as an R&B approach.

 新しいアルバム”Mourn”では世界の終末に備え、彼女とともに掩体壕で備えるという物語を中心に進む。
そして主人公は飛行機事故で亡くなり、彼女は一人ぼっちで死ぬ。
アルバムに肯定的な部分を見つけたい?それは無駄なこと。だが所々でポジティブな感情は見受けられる。
最も大事な所。それは特徴的なボーカルでR&B界に殴り込みに来たということである。

 

Tonally, this material feels like a manifesto of sorts.
But there’s still room for Corbin to grow.
With pulsating, gothic production throughout from Shlohmo and D33J, Mourn is an end-times tale told with a youthful energy that contrasts its finality with freshness.
It’s an industrial R&B soundtrack that would not sound out of place in Lars von Trier’s ode to impending doom, Melancholia, but coded through the hectored mind-frame of a young person growing up in the brutal reality we currently occupy.
These are teenaged ruminations on the futility of a life without love, a showing of so many feelings fully felt but only half-formed.

 
このアルバムは、これからのマニフェストみたいなもの。
そしてCorbinには伸びしろがあるってこと。
シュローモやD33Jのような脈打つゴシックサウンド。それに相反した究極の新鮮さに栄える若々しいエネルギー。
ラース・フォン・トリアーのような悲惨な運命の憂鬱さ。それではなく我々が抱える現実的な残酷さをサウンドに落とし込んだ。
これは多くの感情を感じられたが、形としては半分しか形成できなかったのだ。

 

そんな彼が唯一真剣に取り組んだのが音楽だという。
80年代のソウルのアイコンKeith Sweat、そしてアングララップヒーローLil Ugly Mane、そしてドレイク。このアーティストに影響を受けた。
若く、正統派ではないスタイル、そして控えめな外見。時折見せる可愛い笑顔。そして絶対に魅力的なボーカルがシーンに受け入れられていったとか。
そして19歳なのに2年ぶりの作品が”Mourn”であったのだ。

好き嫌いがわかれそうなシンガーであるが、これからが楽しみなシンガーなのである。

 

 

Mourn [Explicit]

Mourn [Explicit]

 

私の好きな曲、及びCorbinにのめり込んだ一曲を。

 

以上

広告を非表示にする